日本人作家

Mottainai Grandma

Mottainai Grandma
Illustrator:Mariko Shinju
Published:January 1, 2018
Page Count:36
ISBN:8123781504
ISBN13:978-8123781501
カテゴリー:日本人作家
Product Details Publisher ‏ : ‎ National Book Trust (January 1, 2018) Publi…

本のあらすじ

ご飯を残したら・・・おばあちゃんが「もったいない!」と残り物を食べた。僕の顔についてる米粒まで!

歯を磨いていたら、おばあちゃんが「もったいない!」と水道の水を止めた。
コップ一杯で十分。無駄使いしちゃダメ。

短くなった色鉛筆も捨てたら「もったいない!」
色鉛筆を全部束ねたら、ほら!虹色えんぴつの出来上がり!

みかんの皮も捨てたら「もったいない!」
太陽の下で乾燥させてお風呂に入れたら、ほら〜いい匂い

暗くなったから、もう帰るよ。
電気つけるのは「もったいない」から、夜は早く寝なさいよ。

レビュー

『Mottainai(もったいない)』という言葉は、ケニア出身の環境保護活動家で、2004年にノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが長年取り組んだ環境問題活動「3R(リサイクル・リユース・リデュース)」をたった一言で表現していると感銘を受けて、世界共通語として広めた日本語です。

英語の一番近い訳は「What a waste!」だと思いますが・・・
「勿体無い」とはまだ役立つのに無駄にして惜しいという、仏教思想に由来する日本語特有のRESPECT(尊敬の念)が込められているので少し意味あいが違うとも言われています。

つい先日、旦那と日本人は「貯金の天才だ」という話をしていました。少ない給料からどうやってお金を貯めるのかと疑問に感じていたようです。お金だけではなく全ての物を無駄遣いしない国民性なのだと説明をしました。この本を読んでなるほどと理解ができたようです。

日本人としてとても誇りに思える『世界共通の日本語』だと感じました。今日から私も「勿体無いおばさん」になろうと思います。

ワンフレーズ ピックアップ

Mottainai
Mottainai
Are you sure you’re not doing anything mottainai?
(もったいない、もったいない。あなたは勿体無いことしていませんか?)

Mottainai Grandma

ママパパからのコメント