おとぎ話、民話、神話

Tooth Fairy in Training

Tooth Fairy in Training
Illustrator:Briony May Smith
Published:Dec 10 2019
ISBN:1536209392
ISBN13:978-1536209396
Age:5歳
Page Count:40
Goodreads ID:GoodReads.com
Publisher:Candlewick
Product details Publisher ‏ : ‎ Candlewick; Illustrated edition (Dec 10 201…

本のあらすじ

トゥース・フェアリーのテイトの訓練が今日から始まり、姉のメイの指導の元、テイトは夜が明ける前にいくつかの子どもたちから歯を集めなければなりません。

Tooth Fairy in Training

家で練習通り実行できるでしょうか?
歯を失う若い生き物は人間の子供だけではありません。
最初のテイトの任務は湖のカバの群れの中にいるベイビーヒッポーの歯をゲット!
気をつけて!対象者によっては噛まれることがあるから!

さて、彼女はイッカクやアナコンダなど危険な動物達からも歯を集めることができるでしょうか?

実際、歯の妖精であることは危険な仕事であり、眠っているメリッサの歯を収集しに行った際にメリッサが目を覚まし、捕まってしまうというアクシデントが・・・

テイトは無事にコインを置いて家に帰れるのでしょうか?

Tooth Fairy in Training

レビュー

日本では、抜けた乳歯を、上の歯の場合には床下に、下の歯の場合には屋根に向かって縁側や窓などから放り投げる風習がありますよね?
私も子供の頃、屋根に向かって投げたり、土に埋めたりしたりした記憶があります。

アメリカ・カナダでは、乳歯が抜けると抜けた歯を枕の下に置いて寝ると、トゥース・フェアリーと呼ばれる妖精が来て、お金と交換してくれるという風習があります。

金額は$1〜$10が普通だと思います。アメリカでは$25とウェブサイトにありましたが、2023年だけど?と思いました。ちなみに、我が家の7歳児はトゥース・フェアリーからは毎回$5貰ってるようです。旦那にその歯はどうするの?って聞くとゴミ箱に捨てると言っていました(笑)

作家のミシェル・ロビンソンとイラストレーターのブライオニー・メイ・スミスが、2人の勇敢なトゥース・フェアリーの姉妹が訓練をして独り立ちするという可愛らしい妖精物語を紹介します。

ワンフレーズ ピックアップ

We’re in trouble now!
(やば!どうしよう)

Tooth Fairy in Training

『Tooth Fairy in Training』購入リンク


¥3,996 (2023/02/16 05:28時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました